Latest Entries

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内間木洞氷筍まつり&山根洞窟群調査

2017-02-25
2月10日から17日にかけて、岩手県で合宿を行ってきました!

前半の2月11日と2月12日は社会人のケイバ-の方々と、東洋大、近畿大、農大、農工大、明治で活動を行いました。

12日は内間木洞の中で形成された氷筍を観察することができる氷筍まつりが開催され、地元の人々による屋台でつきたてのお餅や獅子なべなどのたくさんの出し物を食べることができました。

13日から16日は、農大と明治で山根の新失せ水洞の調査を行いました。
13日は連日の大雪で洞口までの道に積もってしまった雪を踏み固めて安全を確保し、14日から16日は新失せ水洞と蝙蝠穴の探検と測量をしました。

去年の台風の影響で、以前は見られなかった場所にたくさんの土砂がたまっていたり、水がたまっていて進めなかったところが土砂に埋められて進めるようになっているなどの変化がありました。

私は冬季の合宿に参加したのは初めてだったので、かなりの寒さを覚悟していたのですが、洞窟の中は思っていたよりも寒くなく、むしろ風がない分外よりも暖かかったのは意外でした。

夏合宿~山根~

2016-08-19
8月10日から14日にかけて夏合宿に行ってまいりました!

今年の地底研究部は岩手の上有住と山根の二か所で夏合宿を行いました。
私が参加したのは山手の方なので、そちらの方について書いていきたいと思います!

メンバーは東口先輩、東京スぺレオクラブの田島先輩、高橋君、近岡君、秋元さん、私の六名でした。

初日は全員で新失せ水洞へ行きました。
蝙蝠穴からぬけることはできたのですが、残念なことに前日の雨の影響で奥まで進むことができませんでした。

二日目は新失せからターゲットをかえて、何十年も昔の記録に残っていた「おっかない沢」の洞窟を探しに行きました。
午後に無事発見することができ、中に入ってみたところ意外と広く、三日目も使って人が入れるところまで測量を行いました。

奥の方にh謎の動物の死がいや頭蓋骨があったり、小動物らしきものの鳴き声が聞こえてきたりなど、少し不気味な雰囲気でしたがとても興味深かったです。


四日目は再び山に入り上戸鎖の水穴を探しました。
上戸鎖の水穴は3メートルほどで短かったですが、蝙蝠をかなり近いところで観察できたので楽しかったです。

また、上戸鎖の近くで高橋君が新しい洞窟を見つけるなど新しい発見もありました。

最終日は、水が引いたので初日のリベンジで新失せ水洞に入りました。
初日よりはかなりすすむことができましたが、途中から道が水没してしまっていて、私は最後まで進むことができませんでした。

このようにとっても充実した合宿でした!
来年も来ることができたら次こそは新失せの一番奥まで行ってみたいと思います。

第二回新歓合宿

2016-05-20
5月14日と15日に二回目の新歓合宿に行ってまいりました!

合宿先は一回目と同じ富士風穴。

外はだいぶ気温が高く暖かかったにもかかわらず、洞内はつららや氷筍が少し残っており、ひやりとしていて少し寒かったのが気持ちよかったです。

地面が溶けかかった氷のようになっていたので、みんなで座った体制で洞窟の中を滑って移動できたのがとても楽しかったです!笑

新入生もとても楽しめたようで、また来たいなどのうれしい感想を聞くことができました。

忘れ物をしたり、渋滞にはまってしまったりなど、いろいろなハプニングがあり、予定より遅れて20時半ごろからはじめたバーベキューでは、火力が強すぎたので全員係でいそいでお肉や焼きそばを焼いたのがとても楽しかったです!笑

私自身とっても楽しめた新歓合宿でした。また、次にくるときはもう少しつららや氷筍が残っている時期に来てみたいと思いました。

新歓合宿 富士風穴

2016-04-28
4月23日24日に新歓合宿で富士風穴に行ってまいりました。

3月にの下見に比べて、つららや氷筍が残念ながら結構とけていました。
まあ、新入生はしゃいでたし、まあー、いいかな。

「ほんとはもっとすごいんだよ」って言いまくりたかったけど、やめときました。

洞内の様子
20160425_4794.jpg



では、一年生の感想
この度初めてケイビングというものを体験して感じたことは、「とにかく楽しい」です。
何が楽しいのかと聞かれたら何も説明できませんが、もちろん氷麗が綺麗とか寒いなど色々感想はありますが、とにかく洞窟は楽しかったです。
とのこと。

二人目。
政治経済学部一年のOOです。今回地底研の新歓合宿に参加し、富士風穴に行ってきました。行程は二日間でしたが非常に新鮮な体験が出来ました。富士風穴は富士の原生林内の円形の陥没した場所に入口があります。まさしくダンジョンの入り口といった感じで私は非常にワクワクしました。風穴中は気温が低く、床面は凍結しており、つららが天井から無数に下がり、氷筍(初めて見ました)が多く床に生えていました。ただ富士風穴は火山洞穴なので壁や石の感じはまさしくジュール・ヴェルヌの「地底旅行」といった趣で、私にはとても興味深いものでした。私は先方の隊におり、先輩や同じく新歓合宿に参加した同期と洞穴を奥へ奥へと、時おり凍結した床に滑りながら進んでいました。ふと後ろを振り向いて見た、暗い洞穴内で同期や先輩方のヘッドライトが点々と見える様は映画のような非日常さで、「あぁこんな風景というのは本当に見れるんだな」と思ったのを覚えてます。奥に行くにつれ狭くなる洞穴を匍匐で進んだり、滑る床を壁の起伏を掴んで移動したり(鍛えてなかったので筋肉痛になりました)といった事も新鮮な体験でありました。洞穴から出た後に皆で食べた食事も非常に楽しかったです。頭をぶつけまくったのでヘルメットは丈夫なものを買おうと思います。先輩方、同期の皆さん、ありがとうございました‼


まあー、物足りないよね、当然ね!
そーだよね、満足してないよね、もちろん!!


そして、鳥山さんつなぎありがとうございました!!
大活躍です!

20160425_974.jpg

みんな同じ色なので、土建屋のおっちゃんにしか見えない........

中野、生田勢発!新入生へのメッセージ

2016-04-03
今年は新歓を和泉だけでやっていますが、ちてけんには、中野キャンパスも生田キャンパスにも部員が沢山います!!
ここでは中野&生田キャンパスの選ばれし精鋭4人から新入生へのメッセージをお届けします!
ちてけんどんな感じだろう?っていう和泉の新入生にも役立つハズ。


最初に中野キャンパス!!

■総合数理の元女幹事長ですっ
初対面の人とサークルの話をすると、洞窟探検?!と幾度となく驚かれてきました。
それぐらい、コアなサークルですが、実際やってることもクレイジーで、初めて洞窟に行く人にとって期待を裏切らない活動だなと感じています。何回入っても、ワクワクする気持ちは変わらない、もう一回入りたくなる、それが洞窟探検の魅力。
クレイジーな人間ほど面白いものはありません。是非人生に一滴のスパイスをっ

次に国際日本学部からー
と思っていましたが、頼んでいた2年生の部員が実家に帰っていたらしく、ピンチヒッターに頼みました。彼も2年生でよく活動へ来ているので、きっとものすごい面白い紹介文書いてくれるはず
書き終わり次第投稿します!こうご期待


次は生田キャンパス!ちてけんには理工学部、農学部の学生もいます!

■理工のSです。
ちてけんの魅力はコチラ3っ、
①全国津々浦々、活動のフィールドは無限大!
北は岩手から、秩父、奥多摩、山梨‥西は高知、山口、あるいは沖縄離島!?など。希望者は一般人の入れないような所へも、他大や他団体の活動へも沢山行けます。
最近は農大や東洋の方と活動することも多いです。さすがに、明大の新歓手伝ってよというのは断られたとか。。

②創部40周年、無事故の伝統!
洞窟というと恐いなと思う人もいると思いますし、実際に危険な所も多くあります。ただ、活動自体は安全面に配慮して行っています。
また、様々な難所を潜り抜けてこられたOBの方々の話はとてもおもしろいです。

③洞窟!!
なんだかんだ言っても一番の魅力は洞窟!何回か行けば知る人ぞ知る、洞窟の魅力を深く知って頂けると思っています。

理工の方もお待ちしてます!
我々のメインの活動場所は洞窟!!なので勿論生田キャンパスに通っていても問題なく参加できます
理工学部の引退していない部員は4人と少ないですが、活動率も高く、とても仲良くやっています。
現在機械の先輩が山登り仲間も募集中とのこと、、興味のある人是非

最後は農学部から

■農学部のAです。
このサークル(洞窟探検)の一番の魅力はやはり普段味わうことのできない非日常をスリルを持って味わえることです。
洞内では先輩方が最大限サポートはしますが、とても危険です。しかしその分他部員との絆や自分自身の様々な成長に気づけると思います。おそらく多くの部員が同じことを感じており、またそうした点は他のどのサークルでも味わえないことと思います。
大学生活はあっという間ですがぜひその短い期間で他人と命を預け合うという貴重な経験となる洞窟探検を一緒に行いましょう!洞窟以外でも登山やキャンプなど好きな人、好奇心が強い人などスポーツができないと思う方も大募集ですのでぜひご参加下さい

最後になりますが、興味のある方はHPのcontactへ。話だけ聞いてみようとかでも大丈夫です!お待ちしてます!!

Appendix

プロフィール

caving.c

Author:caving.c
-MCRG- 明大地底研究部
Cave Research Group
of Meiji University

新規入部希望や質問などの
お問い合わせは、ページトップ
もしくはページ右側にある
[Contact]から
メールフォームに必要事項
を記入して下さい!

スマートフォンサイトの場合
ホーム右上タグから「リンク」
に移り「Contact」から
お願いします!

Twitter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
Subtle Patterns (Subtle Patterns) / CC BY-SA 3.0  / mooning  by Joel Klein
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。